中古車バイクの買取店に所有している車両を買い取ってもらう場合、車両の排気量に応じて必要書類が異なる点に注意が必要です。まず、中古車バイクを売却する際には、排気量に関係なく、自賠責保険証明書と売却者本人の身分証明書が必要です。身分証明書は、自動車の運転免許証や個人番号カード、健康保険証など、普段公的機関を相手に行う手続きの際に身分証明書として提出しているものであれば何でも利用できます。また、書類ではありませんが、売買契約の手続きをする際に書類に押印するための印鑑も必要なので、自宅を出る際には忘れないようにしましょう。

もし、中古車バイクを廃車にしていない場合は、売却時に車両を購入したときに一緒に交付された書類を持参します。これに該当する書類は、排気量が250ccを超える車両は自動車検査証、排気量が125cc超250cc以下の車両は軽自動車届出済証、排気量が125cc以下の車両は標識交付証明書です。ただし、自動車検査証については有効期間が終了していない最新のものを用意する必要があります。一方、中古車バイクの排気量が125ccを超えていて、なおかつ長期間使用しないことなどが理由で一時的に廃車にしていた場合は、売却時には廃車済みであることを証明する書類を持参しなければなりません。

該当する書類は、排気量が250ccを超える車両は自動車検査証返納証明書で、排気量が125cc超250cc以下の車両は軽自動車届出済証返納証明書と返納済確認書の2点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です