立体駐車場は、平地ではなく、立体的な建物などに駐車場が置かれるタイプのもので、商業施設など繁華街に作られる場合に多く採用され、国土が狭い日本では広く普及しています。立体駐車場にはいくつかタイプがありますが、その中でもマンションや公共施設などでよく使われるのが、自走式立体駐車場です。自走式立体駐車場とは、ドライバーが駐車場が入る建物の中の駐車スペースまで自分で運転して駐車する形式の立体駐車場になります。自走式立体駐車場は、機械式駐車場に比べて車の出し入れが楽にでき、入出庫の操作などが要らないため待ち時間が必要なく、荷物の出し入れの際にも気を使わないなど、ドライバーにメリットが多い駐車場ということが言えます。

自走式立体駐車場は3つのタイプに分かれますが、その一つとしてフラット式があります。フラット式は、各階の駐車スペースがスロープでつながれていて、昇っていく車と降りる車の車線が分けられているため、駐車場内で事故が起きる危険性を格段に減らすことができます。もう一つのタイプは、スキップ式です。駐車する階を半階段ずつずらしていて、スロープを短くでき、見通しが良いため、駐車スペースを見つける場合の時間を短縮できるメリットがあります。

最後に取り上げる連続傾床式は、らせん状のスロープを置き、そのスロープ上に駐車スペースを配置するタイプの立体駐車場です。なだらかなスロープとなるため、カーブや勾配もゆるく、敷地全体を効率的に使うことができるのが利点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です