自走式立体駐車場は大型商業施設や様々な大規模の施設などでよく利用される駐車場の形態ですが、実際には様々な問題が発生しておりあまり利用しないと言う人も少なくありません。その中でも特に多いのは駐車料金の問題です。自走式立体駐車場は一般的に入り口にゲートが設置されており、そのゲートで入場券を受け取ることで駐車料金の課金が開始される仕組みとなっています。しかし特に混雑している場合にはなかなか駐車スペースを見つけることができないことになり、探している間も時間は経過してしまうため場合によっては料金が加算されてしまうと言うことも少なくありません。

これは不公平感を生む原因ともなっており、空いているときにはスムーズに駐車をすることができるのに、混雑をしていると時間がかかってしまい料金を余分に徴収されてしまうといった問題を感じる場合も多いものです。また、自走式立体駐車場の場合には実際に出庫をする時にも時間がかかってしまうことが少なくありません。駐車料金の課金の方法にもあらかじめ精算を済ませてから出庫をする場合にはそれほど気にならないのですが、出口のゲートまで移動して料金を支払うシステムの場合には途中混雑をしてしまったりするとそれだけ料金が加算されてしまうことになり、損をしてしまうと感じることもあるため注意が必要です。このような問題点を解消するために、様々な工夫をあらかじめ施すことも自走式立体駐車場を運営する上では重要なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です