従来からの駐車場は広い土地を活用して作られていましたが、近年では立体駐車場が増えています。十分な広さが確保できなくても駐車場経営が可能で、狭小地も有効に活用できるからです。立体駐車場には3種類ありますが、自走式・多段式・タワー式です。タワー式は車のマンションのような見た目で、車上荒らしなどの心配のないところも魅力といえます。

ホテルやマンションに作られることが多く、風雨が避けられるので車の保管状況も良好です。多段式は家庭用として見かけることもあり、1台分の車のスペースに2台停めることが出来ます。多段式とタワー式は機械式立体駐車場に分類さるもので、駐車に機械の動力が必要とされます。自走式立体駐車場は大型スーパーやショッピングモールなどに多く導入されているのが特徴です。

自分で運転して上の階に上がっていき、空いたスペースに停めるという利用法です。階層と形状はそれぞれの施設によって異なりますが、運転者にとって利用しやすいところがメリットといえます。自走式立体駐車場は1台分のスペースが十分確保されているので、荷物の積み入れもラクで乗り入れもしやすいです。屋上に停めなければ屋根があるので、天候にも左右されません。

そのため災害時の避難所に利用されることもあります。経営側にとっては機械式立体駐車場に比べるとランニングコストの良さも魅力で、かかるのは照明代程度です。立体駐車場にすることで敷地を最大限に活用することが出来ますが、自走式と機械式にはそれぞれに違った有用性があります。立体駐車場の総合メーカーに相談すれば、お客様のニーズにあった提案をしてくれるので駐車場ビジネスを考えている人にはおすすめです。

自走式立体駐車場もただ車を駐車できればいいのではなく、付加価値も求められているのが現状です。安全性・利便性・環境への配慮などを考える時、やはりプロのノウハウが不可欠となってきます。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です