自走式立体駐車場は、機械式立体駐車場よりも1台あたりの建築コストが安く、メンテナンスの手間も機械式ほどかかりません。利用者にとっては機械式よりも駐車がしやすく、待ち時間も少ないというメリットがありますが、自走式立体駐車場は「フラットタイプ」「スキップタイプ」「連続傾床タイプ」の3種類に分けられます。これら3種類の自走式立体駐車場はそれぞれ特徴が異なりますが、3種類の中で最もシンプルでスタンダードなのがフラットタイプです。フラットタイプとは、フラットな駐車スペースと各階をつなぐスロープが連結しているタイプの駐車場のことを指します。

単独でスロープを設置する必要があるので、面積に対する駐車台数が少なくなるというデメリットはあるものの、設計の自由度が高く動線の分離などが容易です。そのため、特定の時間帯に入出庫が集中するようなケースでも、利用者は安全かつスムーズに入庫・出庫することができます。また、駐車スペース内は見通しが良いため、利用者は自身が駐車した位置を見つけやすく、柱やブレースが少ないので駐車しやすいというメリットもあります。加えて、駐車スペースの床はほとんど平坦なので、ショッピングカートやベビーカーなどを押しながらでも移動しやすく、車いすの方でも苦労せずに移動することが可能です。

フラットタイプには以上のような特徴があるため、商業施設や病院、ホテル、集合住宅など幅広い用途で利用されています。一方で、面積に対する駐車台数が少なくなるというデメリットがあるので、小規模な駐車場には不向きという一面もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です