スーパーやレストラン、ショッピングモールなど様々な商業施設には駐車場を欠かすことができません。このような駐車場ですが、実は様々な種類のものが存在しています。平地がそのまま駐車場になっているものが平面、それに対し立体的で多層化されているものが立体駐車場と呼ばれます。また立体式の中にも自走式立体駐車場もあれば、機械式のものも存在しています。

自走式立体駐車場とはどのようなものなのかと言うと、文字からもわかるように、運転者が目的のスペースまで車を運転して駐車するタイプのことを指しています。ある程度の駐車スペースを確保するためには、それに見合った土地が必要です。マンションや公共施設には非常に適していると言えるでしょう。多くの駐車スペースを確保することができるため、利用料金を抑えることにもつながりますが、場合によっては高くなってしまうケースも見られます。

自走式立体駐車場にもいくつかの種類があり、その一つがフラット式と呼ばれるものです。一番シンプルなタイプで、上に向かう車と駐車する車の動線が分けられていることから、安全確保の面では優れていると言えるでしょう。二つ目がスキップ式と呼ばれるもので、駐車階を半階分ずつずらしているタイプです。一つ一つのスロープを短くすることができるので、走行しやすいのが特徴です。

そして連続傾き床式と呼ばれるもので、昇降スロープを兼ねて緩い勾配のスペースで構築されています。緩やかならせん状になっていると言えばわかりやすいでしょう。スロープがいらないので、面積効率が豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です