空いた土地を利用して駐車場経営を考えている人もいるのではないでしょうか。広い土地の場合なら平面駐車場で多くの車を駐車させることもできますし、初期費用の負担も少なく始めることができます。狭い土地や変形した土地の場合は、多くの台数を駐車させるのは難しいものもありますが、立体駐車場なら狭い土地でも多くの台数を収納できます。立体駐車場の中には、自走式立体駐車場と呼ばれるタイプもあります。

自走式立体駐車場を作るなら、その特徴やメリット、注意点なども知っておきましょう。自走式立体駐車場は多層階の立体駐車場を自ら運転して駐車するタイプとなっています。機械式を導入している立体駐車場もありますが、機械式に比べてランニングコストに優れているのが良いところです。複雑な機械操作も必要なく、高度な運転技術も必要としません。

災害時の避難場所として利用できるのもメリットです。自走式にも様々なタイプがあるので、どんなタイプにするかも考えておきたいところです。フラット式は基本的なタイプでスロープを上って上階へ移動します。ショッピングセンターや病院などでの採用が多くなっています。

スキップ式は半階ずつ上っていくタイプでスロープの敷地が必要ありません。自走式の場合も定期的にメンテナンスをする必要はありますが、機械式ほどメンテナンスに多くの費用がかからないのも良いところです。1台ごとに広い駐車スペースを確保できるのも自走式のメリットといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です