自走式立体駐車場はコインパーキングやショッピングモールに多くみられるもので、これは1階だけでなくて2階以上の上層階にも自動車を駐車するスペースを備えています。このタイプの駐車場は、一般的な平面駐車場と比べていくつかのメリットがあります。自走式立体駐車場の特徴ですが、車の出し入れが簡単・入出庫のための操作や待ち時間が不要・車両の重量制限が緩い・最上階以外は屋根が付いている・監視カメラを設置しやすい、などが挙げられます。これに対して、広い敷地が必要である・建物の建築費用がかかる、などのデメリットもあります。

機械式立体駐車場は狭いスペースに車を止める必要があり、ある程度の技術が必要です。これに対して自走式立体駐車場であれば、一般的な駐車場の車庫入れができれば誰でも利用できます。機械式駐車場と比べて重量制限が緩く、多くの種類の車を駐車させることが可能です。最上階以外は屋根が付いているので、雨の日でも車の乗り降りの際に体が濡れることがありません。

自走式立体駐車場は駐車スペースに人が自由に立ち入ることが可能ですが、いたる所に屋根や柱があるので監視カメラを設置しやすいことから、防犯対策がしやすくなります。自走式立体駐車場は車が移動するためのスペースやスロープが必要になるので、機械式駐車場と比べて広い敷地が必要になるというデメリットがあります。2階以上の建物を建てる必要があることから、平面駐車場と比べて多くの建築費が必要になるという欠点もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です