駐車場にも様々なものが挙げられますが、大きく分けると平面と立体の二つに分かれます。立体駐車場の中でも、駐車場内を機械を使用することなく、車を運転しながら入庫や出庫する駐車場のことを、自走式立体駐車場と呼びます。自ら走行して駐車をするので、このような名前がついています。街中には多くの車が溢れ、特に大型連休中などになると、ニュースでも渋滞情報が当たり前のように流れています。

このようなことから、日本人にとって車は生活必需品の一部になっていると言っても過言ではありません。自動車保有台数は飛躍的に増加し、それに伴って駐車スペースが不足するような問題が発生し、その対策として考えられたものが、狭い敷地でも駐車効率の良い立体駐車場です。自走式立体駐車場のメリットにあげられることは、なんといっても駐車台数の増加が見込めることです。駐車場を多層化することによって、平面よりも駐車できるスペースを確保、増加することが可能です。

フロアごとに色分けがなされたり、床面を塗り分けして歩行者の通路を設置するなど、視認性を確保するために使い勝手にも配慮されていると言えるでしょう。また自走式立体駐車場は、災害時に臨時スペースに活用できることは大きな魅力といえるでしょう。通常時は駐車場に使うことができますが、災害時には避難場所の確保が可能です。間口や内部の空間が広いことから、多くの人が比較的短時間で避難ができ、自動車自体も避難ができます。

支援物資を運び入れる活動の拠点としても、幅広く活用することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です