一言で立体駐車場といっても二つの種類に分かれ、一つが自走式立体駐車場、そしてもう一つが機械式立体駐車場と呼ばれるものです。自走式立体駐車場とはどのようなものなのかと言うと、駐車スペースまで自分で車を運転してとめるタイプのものを指しています。また自走式立体駐車場といってもフラットタイプとスキップタイプ、連続傾床タイプの三つの種類に分かれます。構造により用途やメリットも異なるので、それぞれの特徴を把握しておくことが求められます。

まずフラットタイプと呼ばれるものは、自走式立体駐車場の中でも基本中の基本となるものです。駐車スペースと専用のスロープが繋がっていて見通しも良く、自分のとめた車の位置がわかりやすいため利便性に優れています。床も平坦であるため、カートやベビーカー、車椅子なども移動しやすく、ショッピングモールや病院などの他、集合住宅に採用されることも多く見られます。次にスキップタイプと呼ばれるものは、駐車の階数を半分ずつずらしている立体駐車場をさします。

スロープを使い3階分だけあげることになるので、スロープが短くなり、敷地が狭くても対応できます。スロープが短いので初心者でも運転しやすく、一定方向に巡回しながらスペースを探すので、空きスペースが見つかりやすいです。フラットタイプと同じように床も平坦なので、カートや車椅子なども利用しやすいでしょう。最後に連続傾床タイプと呼ばれるものは、全体が緩やかな螺旋状になっているものです。

一周するごとに一階分上がってスムーズに駐車スペースを見つけることができます。スロープを独立で作る必要がないので、他の形式よりも駐車スペースを多く設置することができるでしょう。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です